手相の神秘

Just another WordPress site

Archive for 3月, 2011

生きる ≪ 生命 ≫

No Comments »

3月 30th, 2011 Posted 20:48

生きるとは人生の目的を持ち生命を保つこと。

手相で言うと、生命線

誰の手にも刻まれている線である。

くっきり鮮やかなカーブを描き、長いのが理想的。

生命の基盤、健康状態を表す。

健康なくしては、財・結婚・職業も手に入れるのに困難を生じる。

線が途中で終わってる方も多くおられる

・・・・がそこが命の終りでは無い。

また線の切れ切れ、下向きの支線、島等の

・・・・ある方は一時的な病気ですが、

重大な生命の危機

大病・事故・災害が前もって現れている方も多く見受けられる。

それはいつか、手相の流年法で、その年齢が推測出来る。

なんとも不思議なことだが、生命線に予知されている。

それが手相の神秘である。

Posted in 手相

手段 《 人を知る 》

No Comments »

3月 5th, 2011 Posted 23:05

人を知るすべとして 手相

これ程最適な手段は他に無い。

人それぞれの本質を忠実に表現している。

最も重要視されるのが 頭脳線

生活能力・性質の大別・職業の適正等。

しかし、人は感情の生物

知能< 頭脳 >のみでは片付けられない感情の動向を

指し示すのが 感情線

頭脳線と合わせ鑑定するのが原則

どちらも線の流れが数多くある

鑑定には注意を払いたいものである。

Posted in 手相