手相の神秘

Just another WordPress site

要 ≪ かなめ ≫

No Comments »

1月 24th, 2012 Posted 18:58

 

手相に於いて三大線の他に重要な線が幾つかある

それぞれ大切な役割を果たす要(かなめ)線と言えるだろう

その一つが生命線の副線である火星線である。

誰もが欲しい線である火星線

生命線の欠点をも補う健康補強線である

線の濃さ・長さ様々、勿論太く・長い程意味も強くなる

スタミナ活力忍耐勇気と良いこと尽くめである

その線のある方は以外に少ない

無い方は出現の可能性がある。

日々健康に関心を持ち日々健康増進に努力惜しまない方

そして忘れてならないのが食生活もその一つであることを

基本は、我が身の健康は我が身で作る

 

Posted in 手相

反応 « 評価 »

No Comments »

8月 25th, 2011 Posted 16:33

現在の自分はどう評価 (認められているか)されているか、

またそれは未来にどう繋がるのか

その術知ることが出来るのが 太陽線

出現するゾーンは薬指の下を中心に下に大きく広がる

自己の力を誇示する運命線に併せて必要不可欠な線

太陽線 は運命線を強め・補う

運命線と違い持っている方の比率は少ない

太陽線 は出発点・終点・カーブの描き方・長短様々

それぞれがどの様に組み合わされているか・・・・

・・・で全て意味が違っている

無い方はこれから現れる可能性 ・短い方はこれから伸びる可能性

個人の努力・向上心・周囲との和・未来に向けての貴方の姿勢

・・・と時間の成果(賜物・・たまもの)である

太陽線成功・人気・名声・芸術等の可能性の強さ

無形の地位・人気で世間での評価

Posted in 手相

さ だ め ≪ 運 命 ≫

No Comments »

7月 7th, 2011 Posted 10:35

過去未来を記す運命線

過去は既に熟知、未来は誰もが知りたい

過去は報告でもある

それぞれの運命は自己責任と・・・・・宿命でもある

未来を予め示している運命線、待っているのは幸運不運か・・・

運命線は出発点・到達点様々で、支線を加味すれば

数多くで構成されている

支線は、運命線に流れ込む運命線から出る運命線に寄り添う

それぞれ意味があり、全てある方、全く無い方、まちまちである

今回は不運(苦労)について述べる

不運を示している方は、自分の力のみならず、

他人の力を嚙合わせる方法も、運命を好転にすることの一つ

過去の不運は、原因を追究、今後に生かす

未来の不運は、対処を講じることが出来る

Posted in 手相

縁 ≪ えにし≫

No Comments »

6月 2nd, 2011 Posted 09:02

えにし とは、人と人との結びつき

世の中、人との関わりは切り離せない

特に結婚は、人と人との結びつき正にえにし

手相で言う結婚は小指の下の線

それが < 結婚線  >

結婚はある程度遺伝が関与

何度も遺伝の関与を述べるが・・・・

手相遺伝は切っても切り離せないものである

そしてその他の要因との重ね合わせである

人の結婚の時期とは・・・その前に・・・・

結婚と恋愛とは別であることを念頭におくべきである

結婚の時期とは

社会で・育った環境で培われた人格形成

そして経済的自立が備わった時期

人それぞれ違うが

女性は24・25歳~

男性は26・27歳~

・・・・が最適である

そして重要なのがその時期予め結婚線に示されている






Posted in 手相

 構 成 

No Comments »

5月 1st, 2011 Posted 23:19

手相は要因結果で構成されている。

右手・左手に共通する。

要因は持って生まれたもの

つまり先天性・・・・言い換えれば遺伝

結果は後日備わったもの

つまり後天性

今回は後天性に注目したいと思う

先天性が善か悪かに変貌するかは

育った環境の影響が大である

それが結果の後天性

育った環境のその中にはがある

は先天性を大きくコントロールする

人格形成は幼少期の親との関わりで大きく左右する

親の役割は重要である

それを基盤とし発展・実力を現していく・・・・

・・・・かは本人の頑張りなどによるのが後天性

こんな言葉がある

知能を鍛え知識を蓄え才能を磨く

先天性後天性の両方が現在の自分である

Posted in 手相

生きる ≪ 生命 ≫

No Comments »

3月 30th, 2011 Posted 20:48

生きるとは人生の目的を持ち生命を保つこと。

手相で言うと、生命線

誰の手にも刻まれている線である。

くっきり鮮やかなカーブを描き、長いのが理想的。

生命の基盤、健康状態を表す。

健康なくしては、財・結婚・職業も手に入れるのに困難を生じる。

線が途中で終わってる方も多くおられる

・・・・がそこが命の終りでは無い。

また線の切れ切れ、下向きの支線、島等の

・・・・ある方は一時的な病気ですが、

重大な生命の危機

大病・事故・災害が前もって現れている方も多く見受けられる。

それはいつか、手相の流年法で、その年齢が推測出来る。

なんとも不思議なことだが、生命線に予知されている。

それが手相の神秘である。

Posted in 手相

手段 《 人を知る 》

No Comments »

3月 5th, 2011 Posted 23:05

人を知るすべとして 手相

これ程最適な手段は他に無い。

人それぞれの本質を忠実に表現している。

最も重要視されるのが 頭脳線

生活能力・性質の大別・職業の適正等。

しかし、人は感情の生物

知能< 頭脳 >のみでは片付けられない感情の動向を

指し示すのが 感情線

頭脳線と合わせ鑑定するのが原則

どちらも線の流れが数多くある

鑑定には注意を払いたいものである。

Posted in 手相

特徴 〚 手は語る 〛

No Comments »

2月 18th, 2011 Posted 21:49

誰しも、顔の表情や言葉は偽れるが

手相は、ありのままの性質運命

無言のうちに表し、真実を正確に伝えている。

他の占い≪ 星座・生年月日・姓名≫は、

決まりきったパターンや枠組に入れ判断する。

・・・・が手相は、他にない貴方だけの運命を刻み

同一の手相を探し出すは至難の業と言えよう。

そして、線のみにおいても、組み合わせが複雑で、

多数のパターンがあり、難しいだけに、奥の深い

魅力のある存在である。

Posted in 手相

手相鑑定必須

No Comments »

2月 7th, 2011 Posted 15:54


手相鑑定必須条件は、両手鑑定です。

これは手相鑑定に於ける基本中基本とも言えます。

脳には、右脳と左脳があり、それと同じ様に解釈し

右手・左手それぞれ、解釈の違いがあり

意味があり、両手鑑定して初めて

手相を鑑定しました・・・・・・と言える。

最も危険なのが、結婚線

男女共、片手鑑定は大きな 【 ミステイク 】

Posted in 手相

総合判断 ≪内≫

No Comments »

1月 23rd, 2011 Posted 16:43

総合判断のとは、手の平の状態。

こちらも外観と同様に色々な要素を必要とする。

まず、色艶≪体調・精神状態が伺える≫の如何。

手相は人生の縮図と言われるだけに、地図のようにくぼみ・丘・川≪線≫がある。

周囲の高い部分がある。それが丘。

丘には天体の影響と言われる名称が付けられている。

それぞれ重要な意味を持っている。

金星丘・月丘・木星丘・太陽丘・・・・・・・

・・・・と 本当に手相とは、興味深いと共に勉強すればする程奥が深い。

また、人それぞれの人生の指針であるが故に鑑定に責任が生じる。

世間は情報で溢れ、様々な人物の説・記述等・・・・

それを鵜呑みにするは危険とも言える。

鑑定は、

人の人生同様に、長い年月の検証が必要不可欠である。

Posted in 手相